ちいさなうつわ (ガラス編)

掌におさまるくらいの大きさのうつわが好きです。

由良園さんの「花びらの小皿」
楡の木の下で花びらが風に舞う様を見て描いた、
とお話をうかがいました。
花びらは外側を削っているため、
表面から見るとその立体感でまるでうつわに舞い降りたかのようです。

由良さんの手は、ガラスのカッティングにも
素晴らしい意匠を作り出します。

縁の厚みは同じですが、外側はカットした面と吹いたままの部分が交互になり、
縁よりも少しはみ出した部分が受ける光の屈折具合が絶妙です。
うつわの中に入れた物の色が、口の部分に映り込むのです。

津田清和さんのうつわは様々な技法でそれぞれの美しさが輝きます。